『正義のセ』ネタバレ2話はこちら「守るべきもの」

『正義のセ』ネタバレ第2話はこちらです!

初の殺人事件を担当することになった凛々子(吉高由里子さん)。事件の背景は!?凛々子は見極めることは出来るか!?

温子(広瀬アリスさん)と浩市(生瀬勝久さん)が大喧嘩?!

『正義のセ』ネタバレ第2話あらすじと感想をまとめました。

 

 

『正義のセ』2話ネタバレあらすじ

離婚

久々に中牟田(大野拓郎さん)との休日デートを楽しむ凛々子(吉高由里子さん)。

 

そこに先輩検事の徳永(塚地武雅さん)から電話が。

妻と子供が熱を出したので、出勤を代わってほしいとのことでした。

 

泣く泣く横浜地検に向かう凛々子。

相原(安田顕さん)も凛々子が出勤するに伴い、出勤させられていました。

 

イライラしすぎてつい被疑者に当たる凛々子。

そこに今話題となっている夫殺しの事件を担当するように梅宮(寺脇康文さん)に言い渡されます。

初の殺人事件に緊張と気合がみなぎる凛々子。

 

相原からは冷静さを保つようにくぎを刺されます。

 

家で殺人事件の担当になったことを言うと、家族は心配します。

妹の温子で取り調べの練習をする凛々子。

 

翌日、凛々子は夫を殺した罪に問われている、町田かれん(財前直見さん)の取り調べを開始します。

 

殺人を否認している町田。

殺人罪か傷害致死か問われる重大な事件だと相原は言います。

町田は「事件と言うより事故だと思うんです。夫から手をあげられそうになったので、抵抗しました。殴った回数は1回。気が付いたら夫が倒れてて、息をしていなくて、びっくりしました。まさか死んじゃうなんて。口論になった理由はお茶漬け。飲んで帰るといつも用意していたんですけど、私が用意していなくて。
今まで暴力も振るわれたこともなかった。うちはうまくいっていたんです。もうすぐ銀婚式だったのに。」

と涙ながらに話し、凛々子は町田に感情移入してしまい、相原はため息をつきます。

 

相原と話をしていると、相原はバツイチなことがわかります。

娘もいることがわかり、ほかの同僚からは凛々子に「そのことは聞いてはいけないことだった。」と凛々子に言います。

 

町田には19歳の娘がいましたが、町田はまりあがどこにいるかわからないと言っていることに対し、相原は母親としてどうなのかと怪しみます。

 

そこに警察から町田が不倫しているかもしれないという情報が。

写真には楽しそうにスーパーで買い物をしている町田と男性の姿が。

「ご主人とうまくいっていたということは、嘘と言うことになりますよね。」と相原に呟く凛々子。

 

凛々子は町田の家に行くと言い出し、あきれて追いかけます。

寝室や洗濯物がわけられている様子から、家庭内別居を疑う凛々子。

しかし、この位のことでは家庭内別居とは言えないと言います。

 

外では近所の主婦が、町田が離婚届をごみで捨てていたと言う噂を聞き、凛々子はますます混乱します。

 

凛々子と相原は町田の夫の司法解剖を立ち会うことに。

しかし、数回にわたる殴打跡が発見され、少なくとも5回は殴打されていることが判明。

 

「1回しか殴っていないと言っていた町田の供述と一致しない。」と言う相原。

町田に尋ねると「どうして私が主人を殺そうとしないといけないんですか?」と反論する町田。

 

「頻繁に会われている男性がいますね。この人は誰ですか?」と写真を見せるも、知らないと言う町田。

「あなたは離婚届を捨てていますね。不倫相手と結ばれるために夫を殺したのでは?」と問う凛々子に、

「検事さん。結婚したことがありますか?結婚って色々あるから。でも夫を殺そうなんて思ったことない。夫婦ってそんな簡単なものじゃないから。」

と町田に言われ、トイレで悔しい気持ちを叫ぶ凛々子。

 

大塚(三浦翔平さん)はそんな凛々子をたしなめます。

「被疑者の自白が取れないと殺人罪の起訴は難しい。お前にはまだ早かったんじゃないか?」と言われ、悔しい気持ちになる凛々子。

 

家に帰ると、温子(広瀬アリスさん)が豆腐屋を継ぐことに断固反対な浩市(生瀬勝久さん)が大喧嘩をしていました。

「温子が本気で店を継ごうなんて知らなかった。」と呟く凛々子に「お父さんは本当は嬉しいくせに。このご時世、豆腐屋やっていくのは大変だから。温子にそんな思いして欲しくないだけなの。」と芳子(宮崎宣子さん)。

 

凛々子は温子をフォローします。

「私が検事になったから自分が店を継ごうと思ったんでしょ?」と温子に言う凛々子。

「違うよ。姉ちゃんには検事の仕事頑張ってほしいと思ってる。私が自分で決めた。」と言う温子。

 

朝一に相原から電話がかかってきます。

町田の不倫相手疑惑があった男性は、就職あっせん会社の男性なことが判明したのでした。

熱心に仕事を捜していた町田は来月からスーパーで働く予定だったのでした。

 

住宅補助が出るところに就職を希望していたことから、町田は本当に離婚を考えていたことが判明します。

 

 

守るべきもの

警察から町田のスマホのデータが大量に届きます。一つ一つ調べるも、ほとんど電話の相手は家族のみ。

町田には心から打ち明ける人がいなかったことがわかります。

 

更に行方不明の娘・まりあのインスタをフォローしていることがわかります。

 

他人の振りをしてメッセージを送っていたこともわかり、まりあに会って話を聞こうと言う凛々子。

 

インスタの背景からまりあは漁港で働いていることがわかります。

漁港に向かい、まりあの話を聞く凛々子。

「私はあの家とは関係ない。ずっと嫌いだったんです。あの家が。外面はいいけど母に暴力をふるう父。そんな父が許せなかった。母に別れるように言っても、私たちのためにお仕事頑張ってくれてるんだからと言っていました。
母は何も変える気がなかった。うちはうまくいってるっていつも言う母に我慢出来なくなった。それで家を出ました。それから1年間母とは会っていません。」

と答えるまりあ。

 

スーパーで働いて家を出ようとしていたことや、まりあのインスタをフォローしてくれていたことを教える凛々子と相原。

「お母さんが仕事を探し始めたのはこの半年。あなたを見て自分も変わりたいと思ったのではないでしょうか。」

と言う凛々子。

「事件の事、少しだけ見えてきた気がします。やっと夫と別れる決心をした。でもあの夜気づかれてしまった。でも町田さんには自分のしたことを認めてもらわないと前に進めませんから。」と帰り道に相原に語る凛々子。

 

そこにまりあが追いかけてきて、母宛ての手紙を渡して欲しいと頼まれます。

凛々子はまりあに会ったことを町田に話します。

「暴力を受けていたことも全部話して欲しい。」そういって手紙を渡します。

 

母への感謝と、出所後に一緒にまた暮らそうという手紙の内容に涙があふれる町田。

相原はハンカチを差し出します。

 

「私、ずっと嫌われていると思っていました。一生仲直り出来ない。二度と会えないって。」と泣く町田。

「ずっと娘さんのために生きてきたんですね。」と言う凛々子。

「私の両親は離婚して、母には構ってもらえませんでした。どんな父親でも、両親がそろっていたと方がいいと思っていました。でも娘が出て行って気づかされた。自分が一生懸命守ろうとしていたことがあの子には辛いことになっていたことを。
まりあのSNSを発見して、あの子はたった1人で頑張っていました。私も娘のせいにしないで、自分で頑張ろうと思って。でも気づかされてしまった。
離婚届を見た夫は怒り狂い、暴力を振るい、仕事の内定を断るよう私に言いました。
私は嘘をついていました。殺すしかない。そう思って夫を殺しました。申し訳ありませんでした。」

と涙ながらに自白する町田。凛々子は町田を殺人罪で起訴します。

 

「自白したんだね。難しい事件だったね。」と言う梅宮。

「すごく悩みました。本人は深く反省していますし情状酌量を鑑みて。懲役10年が妥当かと。」と言う凛々子。

「これからも大いに悩んで下さい。」と言い笑う梅宮。

 

凛々子は相原の携帯に映っている娘の写真を見て、かわいいと褒めます。

相原の元嫁は再婚したため、娘になかなか会えないでいました。

 

元嫁のSNSから娘の写真を探して見つめる相原。

「いいんです。私はこうして娘の元気な姿を見ていられれば。」と笑います。

 

家に帰って凛々子は、温子に浩豆腐屋を継ぎたい思いを浩市に打ち明けるように言います。

温子は思いのたけをぶつけ、土下座します。

 

浩市は温子に店を継がせることを決めます。

みんなで乾杯する竹村家だったのでした。

 

『正義のセ』感想2話

『財前直見さんが・・・!』

初めての殺人事件に挑む凛々子。

相変わらず中牟田君とのデートはお預け状態でかわいそうです(笑)

ゲストの財前直見さんがきれいすぎてグレーのスエットが似合わなすぎると言う状態に。
まさかの財前さんのスエット姿にちょっと逆に驚きました。

殺意があったかなかったかが焦点となる今回。

町田は一貫して本当のことを言おうとはしません。凛々子は町田の闇を暴けるのでしょうか。

 

『彼氏とは大丈夫?』

離婚して自立しようとする町田を恐怖で支配しようとする夫。結果、町田は夫を何回殴ったかもわからなくなるくらいのパニックに陥り、夫から必死に逃げようとしたのですね。
娘を守るためにひたすら夫からのDVに耐えてきたのでしょう。

殺人罪で起訴しますが、情状酌量の余地がありそうでよかった。今回の凛々子の判断は、今までより成長を感じました。

相原に言われた通り、冷静に今回の事件に取り組んだ凛々子。温子の実家の豆腐を継ぐ継がない問題も無事解決して、凛々子も一安心。

でも、そろそろ中牟田君のこともかまってあげないとですね。3か月ぶりのデートって。忙しすぎです(笑)次回も元気に張り切る凛々子を楽しみに待っています!!

 

まとめ

『正義のセ』ネタバレ2話をご紹介しました!

 

おすすめコンテンツ

>前回『正義のセ』第1話のネタバレはこちら

>中村アン×大谷亮平『ラブリラン』第4話の動画無料見逃し視聴方法は?

>三代目JSB岩田剛典×戸田恵梨香『崖っぷちホテル』1話の動画無料見逃し視聴方法は?

>坂口健太郎がプロファイリング『シグナル』第3話の動画見逃し視聴方法は?

>長澤まさみの七変化と豪華演出!『コンフィデンスマンJP』の動画無料視聴方法は?

 

スポンサーリンク