『コンフィデンスマンJP』感想と1話ネタバレあらすじ「側近」

『コンフィデンスマンJP』感想と2話ネタバレあらすじです!

今回の標的は桜田リゾートのやり手女社長・桜田しず子!ダー子(長澤まさみさん)達は桜田から大金を巻き上げることに成功するのか?!

『コンフィデンスマンJP』感想と2話ネタバレあらすじを詳しくまとめました!

 

スポンサーリンク

 

『コンフィデンスマンJP』ネタバレあらすじ

2話

側近

「失敗した時は助け合わないこと。コンフィデンスマンの世界はこれが鉄則。」

とダー子(長澤まさみさん)に教わったボクちゃん(東出昌大さん)。

ダー子のことを冷たいと思いながらも、肝に銘じます。

 

詐欺師の世界から足を洗ったボクちゃんは、とある老舗温泉宿に住み込みで働くことに。

 

美人な女将・操(本仮屋ユイカさん)にほのかな恋心を抱きつつ、和気あいあいと他の従業員たちと穏やかに過ごしていました。

しかし、大手リゾート建設会社である桜田リゾートに売却することになってしまいます。

さらに、無価値な旅館だと言い放つ桜田リゾートの社長・桜田しず子(吉瀬美智子さん)。

 

いくらあれば旅館を救えるのか操に聞くボクちゃん。

1億5千万必要だと聞き、また詐欺師の世界に戻ってきたのでした。

 

そのことをダー子とリチャード(小日向文世さん)に伝えると、さっそく桜田リゾートを標的にします。

 

子猫ちゃん(アルバイト)に潜入捜査を依頼することにするダー子。

女手一本でリゾート開発王にまで上り詰めた桜田。

 

ダー子は桜田リゾートにインターンとして潜入し、側近にまでのぼりつめます。

 

桜田は新たな大型リゾートを建設するため、水内大臣が手掛けようとしているリゾートがどこの地で開発されるのか水内大臣の身辺を探ります。

真鶴の松山産業と水内がつながっていると探偵の五十嵐(小手伸也さん)がつきとめます。

 

桜田は松山扮するダー子が真鶴の松山建設の娘だということを突き止め、自分の側近になって父親に探りを入れるように言います。

「使えるものは何でも使うのよ。」と言う桜田。

 

しかし、父親の松山はすでに水内大臣と決別しており、当てがないと言う松山に扮するダー子。

水内の秘書の鶴田扮するリチャードが叔父だと言うと、そこから探りを入れるように言う桜田。

 

ダー子は鶴田に水内がどこに新たなリゾート施設を作ろうとしているか聞きますが、秘密事項だから言えないと言われてしまいます。

そこに桜田がやって来て、鶴田に扮するリチャードを脅します。

 

過去に松山に扮するダー子にわいせつなことをしたという設定になっており、騙されている桜田は、それをネタにわいろを渡して鶴田に扮するリチャードを脅します。

仕方なく「真鶴に建設する予定だ。」と白状する鶴田に扮する鶴田に扮するリチャード。

 

 

民宿

ダー子のレポートから真鶴沖に個人所有の八五郎島があったことを知り、そこを訪れるダー子、桜田、桜田の秘書。

島には八五郎の宿というものが一軒だけありました。

立ち退きに2億かかるという秘書。

説得もかねて訪れると、ボクちゃんが宿主・小松に成りすましていました。

 

2億でこの島を買い取りたいと言う桜田。

祖父から受け継いだ島だからとためらう小松に扮するボクちゃん。

 

他からも話が来ているのか聞く桜田。

ダー子はそっと他の大手リゾート会社の名刺置いておきます。

 

桜田は他の大手リゾート会社もこの島を目をつけてることに気づき、小松に現金を突きつけて落とすように秘書に言います。

 

順調に事が運び、満足なダー子とリチャード。

ボクちゃんは桜井がいち旅館からスタートして今の地位を築いたことを来訪時に聞かされており、桜田をだますことに抵抗がありました。

 

ボクちゃんの様子が何かおかしいことを察するダー子。

 

後日、5億を抱えて八五郎島にやってきます。今すぐ決めるように言う桜田。

「どんな小さな宿にもそこにはたくさんの思いが詰まっています。金だけつむ相手に渡したくない。そうだったはずでしょう。」

と言うボクちゃん。

そういって桜田の実家の宿の写真を見せます。

 

桜田の実家も宿でしたが、売りに出された過去が。

あなたの本当に欲しかったのは何ですか。思い出して下さい。

 

そこに探偵の五十嵐がやって来て、ボクちゃんが偽物なことがわかります。

浜辺で五十嵐がボクちゃんを問い詰めます。

 

本物の小松が捺印をして5億をうけとります。

五十嵐がボクちゃんに銃口を突きつけ、引き金を引きます。

笑う桜田。

 

しかし、翌日出社すると、水内大臣がが新しく建設が始まるリゾート開発建設予定地は沖縄県だと発表します。

秘書が問い合わせると、鶴田という秘書はいないと言われます。

 

松山ことダー子も出社していないことに気づき、慌てて八五郎島に行くと、知らない男が民宿にいました。

小松と名乗る全く別人の男が。崩れる桜田。

 

ダー子のホテルに行くと、五十嵐と小松と名乗る男も五十嵐の舎弟だったことがわかります。

ダー子ちゃんと出会って、悪党詐欺師から足を洗ったと言う五十嵐。

 

ボクちゃんが働いていた老舗旅館の女将も実はダー子の知り合いでした。怒って出ていくボクちゃん。

後日、ボクちゃんは老舗旅館に戻ってお金そっと寄付します。

 

1年後、改善修理をした旅館を訪れるダー子たち。

桜井は自ら会社を辞めたと言う話をリチャードから聞くボクちゃん。

 

引き取られたものの、やめることにした静子。

静子は夫と海の見える小さな民宿で外国人相手に商売を始めたのでした。

 

『コンフィデンスマンJP』感想

第2話

『見ごたえがすごい!』

騙し方がえげつない!!いきなり廃墟を高級すし屋として使ったりと、なかなか綱渡り!!どきどきはらはらしますね!!

今回は恋する相手を救いたいと自ら申し出たボクちゃん。外堀を時に繊細に、時に大胆に埋めていく様子は痛快ですね!

リゾート王・桜田を演じるのは今回のゲスト出演者の吉瀬美智子さん。
かっこいい役から繊細な役まで好演されていますね。ドラマ「シグナル」でもレギュラー出演されており、引っ張りだこですね。

さらに今回は過去にリチャードがダー子にセクハラをして男性不信になってしまったと言うような、気まずい関係を設定としているため、リチャードはバツが悪いですね。

3人は無事に大金を手にすることが出来たのでしょうか。

 

『3人はどこまでいくのでしょう!?』

何と。ボクちゃんは今回は射殺されるという設定になっていましたね。そのやり取りを微笑みながら聞く桜田。なかなか怖い社長さんですね。今までも手を汚して来たのでしょうか結局、5億を手に入れられましたね。

更に仲間の五十嵐も加わって、にぎやかでしたね!!五十嵐役の小出さんがとてもいい味と良いお声で迫力がありました。
次回も大物ゲストを出し抜く予定のダー子。3人はどこまで成功し続けるのでしょうか!!

 

まとめ

今回は『コンフィデンスマンJP』第2話のネタバレあらすじと感想をまとめました!

次回も楽しみですね!

 

おすすめコンテンツ

>前回『コンフィデンスマンJP』第1話のネタバレあらすじと感想はこちら

>中村アン×大谷亮平『ラブリラン』第1話のネタバレあらすじと感想

>三代目JSB岩田剛典×戸田恵梨香『崖っぷちホテル』1話のネタバレあらすじと感想

>坂口健太郎がプロファイリング『シグナル』第1話のネタバレあらすじと感想

>長澤まさみの七変化と豪華演出!『コンフィデンスマンJP』ドラマ情報と放送予定

 

スポンサーリンク