『BG身辺警護人』ネタバレ8話あらすじ感想「汚名返上」

『BG身辺警護人』ネタバレ8話あらすじと感想です。島崎(木村拓哉さん)をねらう陰!?高梨(斎藤工さん)が自衛隊を辞めた理由や立原大臣(石田ゆり子さん)の覚悟、落合(江口洋介さん)の思惑とは!?『BG身辺警護人』ネタバレ8話あらすじと感想詳しくはこちらです。

 

スポンサーリンク

 

『BG身辺警護人』ネタバレあらすじ

第8話

身辺

村田(上川隆也さん)は救急車の中で急変ののち、死亡してしまいます。

突然のことで受け入れられない島崎(木村拓哉さん)。

 

事件の詳細について対応に追われる警護課・氷川(宇梶剛士さん)や立原大臣(石田ゆり子さん)。

しかし、詳細を明らかにしない警察側。

 

次第にネットでは村田の素性や、自ら事件に巻き込まれて行った等のデマが飛び交います。

しかし、警察が事実を公表しないため、ネットでのデマ情報が現実化のように取り扱われて行きます。

 

村田の葬式が行われると、報道陣が非情にも村田の妻と息子・庸一を写真に収めようと躍起になります。

追い出す島崎達。

 

「やっぱり。まるで親父がでしゃばったから犯人に殺されたみたいじゃないか!」

と憤る庸一。

「誤解が解けるように努力します。」

と言う社長の今関(永島敏行さん)。

 

しかし、庸一は、

「無理無理。BGはわりにあわないブラックな仕事かよ!」

とヤケになります。

「BGは死を覚悟しちゃいけない。村田課長の残したのものをしっかりと受け止めましょう。」

と言う今関。

 

棺を運ぶ島崎達。

村田の妻が涙ながらに遺品である時計を棺の上に置きます。

「誤差なし。」

とみんなが棺の上に置かれた時計に向かって手を掲げます。

涙を流す一同。

 

島崎は新しいBGの仕事の電話を受けます。

しかし、他のメンバーは後ろ向き。

「こんな状態で仕事出来るかな。」

とつぶやく沢口(間宮祥太朗さん)。

 

「今回の件でキャンセルが相次いでいる。」

と言う島崎に、

「仕事よりも課長の汚名返上が大事!課長が浮かばれないだろうが。このままでいいのか。」

と憤る高梨(斎藤工さん)。

「何をどうしていいのか見えていないじゃないか。完璧な準備をして赴く。それが流儀。課長が残してくれたこの課を残していかないと。」

と反論する島崎に、

「随分ドライですね。待っていたって何も起きないです。」

と怒る高梨。

 

そこに以前島崎達が警護したサスケフーズの大久保会長が現われます。

新発売となるカップラーメンの新作発表会で自分をを警護して欲しいと依頼に来たのでした。

高梨は大久保会長が話している途中に部屋を出ます。

島崎はまゆ(菜々緒さん)にフォローに行くように言います。

 

氷川に、

「このまま押し通せるとお思いですか。」

と言う落合(江口洋介さん)。

 

「五十嵐幹事長を今は敵に回せない。」

と答える氷川。

「このままだと村田さんに汚名がついたままだ!」

と氷川の冥福を掴む落合。

「間違っていないだろう。少し最後を書き換えただけ。上は今後のお前に期待しているぜ。ここが覚悟の決め時だよ。」

と不気味に笑う氷川。

 

島崎が沢口と大久保会長の警護の打ち合わせをしていると、沢口がBGを辞めたいと言い出します。

母が危険だから辞めろと言うと話す沢口に、

「沢口君自身は辞めたいの?」

と聞く島崎。

「わかんないです。だけど、一生続けられる仕事じゃないかもしれないって。島崎さんは大丈夫ですか?高梨さんも辞めちゃうかも。」

と言う沢口に、

「僕は1人でもやります。これしか出来ないから。」

と笑う島崎。

 

落合の所に向かう高梨。

「何で村田さんの本当のことを発表してくれないんですか。村田さんの汚名を返上して下さい。」

と高梨は落合に訴えますが、

「村田さんのご冥福をお祈りしています。」

とだけしか言わずにその場を立ち去る落合。

 

そこにまゆが来ます。

「無茶だよ。あの人、THE・SPじゃん。警察を敵に回してまで本当の事なんてしてくれない。本当にイライラする。あんたは何でそんなに不器用なの?でもあんたのそういうところ嫌いじゃないけど。」

と言うまゆに驚く高梨。

「頭、冷えたでしょう。行くよ。」

と笑うまゆ。

 

立原大臣は大学病院のVIPルームにいる五十嵐幹事長を訪れていました。

「キャスターだった時に、私が追っていた闇献金事件に関わった方が交通事故で亡くなりました。そういうことが起こりうる世界なんですよね。」

と寂しそうに五十嵐幹事長に言う立原大臣。

 

島崎が事務所から帰ろうとした時に、部屋に落合と立原大臣がお忍びで入ってきます。

不機嫌になる島崎。

「謝りに来たわけではない。頭を下げるときは見返りがある時だけと決めています。BGに言うのはおかしいかもしれませんが、身辺に気を付けて下さい。警察以外であの出来事を見ていたのは村田さんとあなただけ。そして今はあなただけとなりました。10年間、アナウンサー議員なんて馬鹿にされながらも政界にしがみついてきた私からの警告です。」

と言う立原大臣。

 

汚名

帰り道に警戒しながら帰る島崎。

しかし、島崎を写真に収める怪しい影が2つありました。

 

家にお帰ると、瞬に変わったことがなかったか聞きます。

ぶっきらぼうに何もなかったと答える瞬。

 

大久保社長からもらった新製品のカップラーメンを瞬と食べます。

村田を思い出して涙する島崎。

 

翌日、初BGとして大久保会長の元に沢口が向かいます。

「任務終了したらそっち手伝うよ。時間は無限じゃないしな。」

と高梨に言う島崎。

 

大久保会長のそばでBGにあたる沢口。

そこに村田の葬儀の時に押し掛けてきたカメラマン2人がいること、ドア付近に怪しい男性がいることに気づく島崎。

ドアから出ていった怪しい男性を追うと、

「サスケフーズを許さない」

という服を着た元従業員なことがわかります。

 

「今日は新発売記念イベントですので。」

と、男性3人を島崎とまゆで追い出します。

 

高梨は法律事務所に電話し、警視庁に対して訴えを引き受けてもらえるか尋ねるも、証拠がないと無理だと言われてしまいます。

村田課長のデスクを見ると、パソコンにすべてのBG警護時の録音音源が入っていることに気づいた高梨。

 

村田の家に電話し、警察から帰って来た遺品の中にはまだ携帯はテープレコーダーがないことを聞き、高梨にある策が浮かびます。

 

サスケフーズの新作発表会のは無事に終わります。

「今日はありがとう。村田課長本当によくやったね。君たちのような立派なBGが育っているのがその証拠。私は色々報道されていても、村田課長を信じてる。汚名が返上できるといいね。」

と言う温かい言葉を大久保会長からもらいます。

 

そこに高梨からメールがあり、村田家にくるように記載が。

村田家に着くと、

「遺品の一部が返還されていない。課長はすべての記録を取っていた。そのテープレコーダーと携帯が帰って来ていない。」

それを聞いて、庸一が激怒。

 

村田の妻に、

「警察にご主人の遺品を取りに行こう。」

と言う島崎。

「俺がやる。絶対取り返してやる。」

と言う庸一。

「1人では行かせられない。お父さんだったら絶対に君を1人では行かせません。」

と言う島崎。

「この子の事、守ってやって下さい。」

とお願いする妻。2

 

人は事務所に帰りますが、興奮する高梨に焦らないように落ち着かせる島崎。

「随分気にかけてるじゃん。庸一君の事。」

と言う島崎。

「自分が自衛隊辞めた理由を話してませんでしたね。後輩に小心者の奴がいて。度胸付けようって登山訓練に連れて行ったんです。そうしたらそいつは滑落事故に。大けがを負ってそのまま除隊しました。自分だけ残るのは悪い気がして。本当なら残って頑張るべきだったのかもしれない。その後輩と庸一君は似てる。島崎さんが最初に言ってましたよね。『死ぬのが怖くない人と組むの、すごい怖いな。』って。あれ、この世で一番言われたくない言葉でした。でも、課長に会えて、ここにまた復帰して良かった。だからこそ、村田さんを汚名がついたままにしていたくない。」

と言う高梨。

そこにまゆと沢口が夜食を買ってきます。

 

すると沢口がBGをこのまま続けると言います。

辞めることを知らなかったまゆは沢口をからかいます。

喜ぶ島崎。

 

前に撮った集合写真を持ってくるまゆ。

「ずっと辛くて見れなかったけど、撮っておいて良かった。今までは我慢出来ていたんだけどな。」

と涙するまゆにティッシュを差し出す高梨。

 

 

一線

島崎が帰宅途中に誰かに尾行されていることに気が付きます。

 

家に帰って、立原大臣の言葉を思いだし、瞬の荷物をまとめ、寝顔を見つめる島崎。

翌日、早朝に瞬を連れ出します。

「お前はお母さんの所に帰れ。電話しておいたから。」

と言う島崎に、

「勝手なことするなよ。」

とすねる瞬。

「今度、危険な任務に就くことになったんだ。お前はこれから色々なところに行けよ。ものすごく遠いところ、ものすごく広いところ、色々見るんだぞ。」

そういう島崎に自分で荷物を全部持って歩きだす瞬。

 

島崎と高梨は庸一と警察に向かいます。

まゆと沢口は事務所で待機。

 

庸一が所持品を返して欲しいと受付に言うと、受付から氷川に連絡が行きます。

そのまま待たせるように言う氷川。

 

氷川が受付の防犯カメラを見ると、島崎と高梨の姿が。

「来たか。」

と呟く氷川。

 

なんとか遺品を返してもらい、喜ぶ一同。

事務所で中身を確認すると、事件の時の音声だけがありません。

消された疑惑が。

「削除されたの?だから簡単に返したのか。おかしいと思った。これで終わりだよね。」

と言う庸一に、

「諦めないで。」

と言うまゆ。

「気休めを言うなよ。親父は勘違いBGで終わるしかないんだよ!」

と怒る庸一。

外に出る島崎。

 

すると、バイクに乗った2人組みに襲われそうになります。なんとか逃げ切り、高梨の応援もあって、無事に済みます。

「完全に島崎さん狙いですね。」

と言う高梨。

 

明日の警護の打ち合わせをする落合と立原大臣。。

「人として間違った道に外れても尚、地位にしがみつくことしか考えていない。私はこのままでいいのか。」

とつぶやく立原大臣。

「私語をよろしいですか。村田さんは元SPです。自分の罪をかばって辞職しました。組織を変えてくれって勝手なことを言い残して。頑張ってみたこともありました。結局は何も変えられてない。警察にしがみついているだけです。」

と言う落合に、

「ありがとう。打ち明けて下さって。」

と笑う立原大臣。

 

立原大臣が車に乗るのを見計らって、島崎がやってきます。

「立原先生。あの日見たことを公にして下さいませんか。それが出来るのはあなたしかいない。」

と大声で叫ぶ島崎に、

「排除。」

と声をかける落合。

連れていかれる島崎。

 

「地位も権力もない我々が唯一持っていたものを奪われた。僕たちは諦めません。」

と叫ぶ島崎。

 

高梨が庸一を家に送ると、

「絶対方法を見つけるから。」

と声をかけますが、

「もういいよ。疲れた。」

と言って家に入る庸一。

 

五十嵐幹事長の元を訪れる立原大臣。

「私は大臣を辞職します。やはり間違っていました。私も先生も。」

と言う立原大臣。

部屋から出てくると、

「一人で帰ります。あなたには感謝しています。今までありがとう。私は大臣を辞職します。」

と言う立原大臣に困惑する落合。

そのことを氷川に伝える落合。

 

「あの女、変なことを考えていないだろうな。島崎と接触させるな。」

と言う氷川。

「島崎に消えてもらいましょうか。データと同じように。」

と言う落合。

 

氷川は落合の発言に驚きます。

「覚悟の決め時だとおしゃいましたよね。大きすぎる組織を守るためには一線を越えなくてはならない。それを覚悟と呼ぶのでは?」

と言う落合。

 

島崎が事務所に戻ると、立原大臣が現れます。

事務所に案内すると、立原大臣が、

「私が話します。事件の真相を公表します。」

と言います。

 

落合は狙撃訓練に勤しみます。

 

「先生、お願いします。」

と頭を下げる一同。

「一緒に戦って下さい。」

と言う島崎だったのでした。

 

 

『BG身辺警護人』感想

第8話

『村田課長』

本当に村田課長が亡くなってしまいました・・・嘘でしょう・・・悲しすぎます。亡くなる人がいるなんて思わなかったのでショックです。しかも、事件の真相は明らかにならずに、村田が勝手に亡くなった的な方向にネット上やニュースで取り上げられ、更に悲しい展開に。

汚名返上しか考えられない不器用な高梨。高梨は不器用ですけどまっすぐだから、みんなも憎めないんですよね。相変わらず立原大臣と落合も公表する気がない様子。さらに島崎が狙われているという警告まで受け、全部一般人にとばっちりが来ている状態に。ひどいですよね。それが地位のある人達のすることかと。自分たちが良ければそれでいいのかと。地位のある人達に巻き込まれた村田課長が不憫でなりません。

このまま島崎達のチームは解散となってしまうのでしょうか。結束は村田課長の死により、更に強まっていると私は感じます。これをばねに、更に飛躍してほしいと願うばかりです。

 

『実はみんないいひと』

高梨の過去が明らかに。高梨は高梨で挫折していたんですね。不器用だけど、実はみんなのことをすごく心配しています。
大久保会長もいい人で・・・温かい言葉をありがとう、という感じです。無事に村田課長のテープレコーダーと携帯電話は帰ってくるでしょうか。

立原大臣が辞任して事件の真相を公表することを島崎達に約束してくれました!しかし、落合は氷川に腹黒いことを言い出します。島崎が危ない!このまま事件は公表されるのか、警察によってもみ消されるのか。そして島崎の命は?!

遂に次回最終回!!みんな無事に警護課で働ける道に進めるように祈るばかりです。村田課長の汚名返上されることを祈っています!!

 

まとめ

『BG身辺警護人』第8話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

なんとかみんなの無念を晴らしてほしいですね。

 

おすすめコンテンツ

>『BG身辺警護人』第7話のネタバレあらすじと感想はこちら

>新川優愛初主演『いつまでも白い羽根』の放送日程はいつ?

>大杉漣の存在感!『バイプレイヤーズ2018』の動画視聴方法とは!?

>ディーンフジオカの復讐劇!?『モンテ・クリスト伯』放送日やドラマ情報は?

>坂口健太郎が初主演・刑事役!?『シグナル』の放送日程・ドラマ情報

 

スポンサーリンク