『バイプレイヤーズ2018』1話ネタバレあらすじと感想

『バイプレイヤーズ2018(もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら)』第1話のネタバレあらすじと感想です!

とある離島でテレ東の朝ドラのロケに参加することになったバイプレイヤーズ。

『バイプレイヤーズ2018』第1話のネタバレあらすじと感想を詳しく解説!

序盤からとんでもない展開に!?いよいよ極限状態になってきた5人は…

 

スポンサーリンク

 

『バイプレイヤーズ2018』ネタバレあらすじ

第1話

テレビ東京朝ドラ『しまっこさん』

ニュース番組は、太平洋上で大杉(大杉漣さん)、遠藤(遠藤憲一さん)、田口(田口トモロヲさん)、光石(光石研さん)、松重(松重豊さん)が行方不明になったと報道しています。

「テレ東の朝ドラ『しまっこさん』に出演するため、大杉さんの船で向かったものの、そのまま行方不明になりました。バイプレイヤーズ不足間違いなしです。」

とキャスターが解説し、巷では騒然となっていました。

 

その1週間前・・・

5人はとある埠頭にいました。

大杉連は船長のコスプレをして登場。

大杉の船でしまっこさんロケ地の島まで行くことになった遠藤憲一、田口トモロヲ、光石研、松重豊。マネージャーや付き人、ジャスミン(北香那さん)に別れを告げる5人。

 

不安は募りながらもなんとか島に到着。

ホテルに向かって歩く一同。

 

迎えが来ることになっていたため、連絡を取る大杉ですが、圏外でつながりません。

島には人はおらず、自然が広がる景色に一同興奮。

 

しかし、バス停には3月をもって閉鎖と書かれていました。

その張り紙に気づかずにホテルを探す一同。

どんどん道が荒れ始め焦る一同を大丈夫だとなだめる大杉ですが、まだ人に会っていないことに不安を覚えます。

 

島自体間違っていないか?と言いだす4人に、あくまでも道を間違えたと言い張る大杉。

 

テレ東ではしまっこさんの記者会見が放送されます。

雄父ヶ島では順調に撮影が始まっていました。

一向に来ない5人を待つマネージャーと付き人達。

TVでは5人の記者会見の映像も流れており、大杉の船で島まで行くと宣言する大杉の様子が映し出されていました。

 

地図の場所に着くとホテルではなく、洞窟が出没。

落胆する一同。

 

よく地図を見ると、撮影用の地図だったことがわかります。

ジャスミンが間違えて地図を渡していたのでした。

大杉につかみかかるみんな。

なだめる光石。

大杉は1人で船に戻って船を近くに回すことに。

 

大杉が戻るまで洞窟を冒険してみようと言う田口。

やめようと止める遠藤。

みんなはどんどん洞窟に入ってきます。

俺行かないよ!と言いつつ、結局一緒に探検する遠藤。

 

何か踏んだと言う光石。

踏んだものはなんとワニ。

慌てて逃げる一同。

 

荷物を猿に荒らされ、港まで逃げると、大杉が落ち込んでいました。

猿が船のロープをほどいてしまったと言う大杉。

船ははるか彼方に。

一同驚愕。

 

夜になる前に寝床を探そうと言う松重。

頼りになる!と、大杉以外のみんなは松重に従います。

大杉は落ち込みながらついていきます。

 

朝ドラチームも異変に気付き始めていました。

ジャスミンは大杉に連絡するも全く連絡がつかないことに焦っていました。

 

5人はツタでぐるぐるにまかれた廃墟を見つけます。

比較的綺麗な内装に、安心する一同。

部屋をかたずけて、しまっこさんの台本を眺めながら落ち込みます。

 

 

SOS

スタッフは心配する出演者の役所広司(役所広司さん)に、光石の直近のインスタを見せます。

楽しそうに船に乗り、

「もう撮影に行きたくないな。」

と冗談で言う大杉の姿を見て怪訝になる役所。

 

役所は大杉連の代役は小日向文世さんで行こうと監督に提案します。

出演者の岡田将生(岡田将生さん)は戸惑います。

 

松重は何とか火をおこします。

感動する他のメンバー。

真のリーダー誕生!と言うメンバーに落ち込む大杉。

 

台本を読み始める遠藤。

自然とリハーサルを始める5人。

 

いっぽう『しまっこさん』の撮影現場も同じシーンの撮影をしていました。

シーンの撮影が終わると、

「一緒に5人と撮影している気分になった。何してるんだろうな。」

と本田望結に言う岡田。

 

「早くこの生活を終わりにしたいな。早く芝居したいよね。早く脱出していい朝ドラにしたいね。早く合流して追いつきたいね。」

と言う5人。

遭難から7日後、SOSの旗矢のろしを掲げるも、進展なし。

 

10日がたち、5人の代役が決まります。

田口の代わりに野間口徹(野間口徹さん)、松重豊の代役に森下能幸(森下能幸さん)、遠藤の代役に菅田俊(菅田俊さん)、光石の代役に甲本雅裕(甲本雅裕さん)。

泣き出す甲本。

「皆さん見ていますか。」

と叫びます。

 

遭難から20日。

毎日台本を見て演技をする一同。

 

田口と大杉はあまりものでいかだを作ります。

みんなで島を出ようと提案する2人。

 

いかだのスペースから3人しか乗れないと判断する松重。

「まずはリーダーの俺。最年長だし。」

と言う大杉に、

「リーダーらしいこと何もしていない。」

と一同は突っ込みます。

「このいかだの制作者の俺が。」

と言う田口。

いかだに乗るメンバー決めに大揉め。

 

そして大杉の代役に小日向文世に決まり、冗談で、

「亡き大杉さんに。」

とあいさつをする小日向に、ジャスミンは、

「大杉、死んでない。」

と怒ります。

「わかっているよ。彼らは最高の芝居をすると信じています。彼らが来たら最高の状態でバトンタッチ出来るようにがんばりましょう。」

とあいさつする小日向に涙ぐむ代役の役者たち。

 

洞窟

田口が作ったいかだはあっさり壊れ、食料もつきます。

「俺もう限界。」

と言って持って来たハムスターを食べようとする田口。

「落ちつけよ。脱出する方法があるかもしれない。前に入った洞窟から声が響いた気がしたんだ。もしかしたら島民がいるのかも。」

と言う光石に、再度洞窟に向かう一同。

 

洞窟に入ると、再度わにが登場。

近くの出口に逃げる一同。

密林をかきわけ、何とか脱出します。

 

結局、探検は近くを一周していただけだと気づく一同。

声も自分たちの声が反響していたのかもしれないと落ち込みます。

 

しかし、実は戻ってきたところは自分たちのいた場所ではないことに気づく一同。

なんと、5人が紛れ込んだのはセットの中の民宿で、しまっこさんの撮影班に遭遇します。

一同は泣きながら岡田にすがります。

5人は撮影班の反対側の島の無人部分にいたのでした。

 

結局、大杉たちの代役達がそのまま出演し、5人は島おじさんという脇役キャラで出演することになります。

島神様として出演する役所広司。

 

5人の時に吉田羊がやってきて、楽しく会話をします。

役所は、

「僕は代役は反対したんだけど。」

と言うと、

「知っていますよ。僕のインスタ見て代役で行こうって役所さんが言ったって聞いていますよ。」

と言う光石に、何もなかったかのように逃げる役所だったのでした。

 

『バイプレイヤーズ2018』の感想

第1話

『5人がいるだけで最高』

深夜枠で大好評の末にドラマが終了した「バイプレイヤーズ」が帰ってきました!残念なことに、他の撮影で寺島進さんだけが今回は出演がかないませんでした。しかし、前回の時も、6人のスケジュールが奇跡的に合致してドラマ制作に至ったということでしたので、仕方がないことかもしれませんね。

さらに今回は無人島での撮影。大杉さんのはしゃぐ姿がもう今となっては本当にまぶしいというか。何の運命か、最後の作品がご自身自身がキャラとして出演しているドラマだなんて、ファンとしては余計に受け入れられないですよね。こんなに元気にイキイキされている大杉さん。未だに実感がわきません。

今回のお話は、日本本土から離れて、離島での撮影に参加する5人のお話。最初から不穏な空気が漂っていましたね。大杉さんの船で行くって(笑)のりのりなのは大杉さんだけ。無人島に誤ってついてしまった一同は演技どころかサバイバル生活をする羽目に。第1話から前途多難。あり得ない設定なのに、5人がいればその場で様々なドラマが繰り広げられます。

 

『バイプレトークがやっぱりいい!』

同じ島にいたのかー!!地図を間違ったジャスミンのせいかー!!にしてもよかったよかった。ジャスミンの「大杉死んでない!」がもはやもう胸が詰まる・・・。小日向さんの朗らかな笑顔で、「彼らが来たら最高の状態でバトンタッチ出来るようにがんばりましょう。」と言う言葉がみんなの涙を誘いましたね。

それにしても洞窟を挟んで反対側にいたとは。

20日間も(笑)そして、恒例のバイプレトーク、やっぱり最高でした。

OPの海から出てくるシーンは大杉さんのアイデアだとのこと。黒いスーツでみんなが海から上がってくるシーン。格好良かったですね!11月の海に入ったときの極寒エピソードもありましたね。

皆さんがお酒を飲みながら食べている食べ物は、しまっこさんで出ていた料理を撤収したものだとのことで、設定が細かくて、ファンにはたまりません。

前回に引き続き、竹原ピストルさんの「ごみ箱からブルース」がエンディングテーマ。
みんなが竹原さんの歌を聞き入ると言う設定のエンディングにジーンと来てしまいました。

そして、第一話からゲストも豪華!役所広司さん、小日向文世さん、吉田羊さん、岡田将生さん・・・主役張れる人達ばかり!
このメンバーで何本映画撮れるの?!と言う感じでした。テレ東さん、予算大丈夫なの?!
憶測が飛ばないわけがないほどの豪華メンバーに興奮でした!第二話以降も豪華なゲストが出演予定とのことですね。楽しみで仕方がないです!

 

まとめ

今回は『バイプレイヤーズ2018(もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら)』の第1話ネタバレあらすじと感想をまとめました。

全話更新しますのでお楽しみに!

 

おすすめコンテンツ

>大杉漣の存在感!『バイプレイヤーズ2018』の動画視聴方法とは!?

>遠藤憲一が弁護士・滝沢秀明とのヒューマンドラマに『家族の旅路』5話の動画視聴方法

>2018年映画化!『コードブルー3』おさらい1話2話ネタバレあらすじと感想

>坂口健太郎が初主演・刑事役!?『シグナル』の放送日程・ドラマ情報

 

スポンサーリンク