『バイプレイヤーズ2018』5話最終回のネタバレあらすじと感想

『バイプレイヤーズ2018(もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら)』5話最終回ネタバレあらすじです。

ついにしまっこさんクランクアップ…島ハウスを片付けていると…?!

『バイプレイヤーズ2018』5話最終回のネタバレあらすじと感想を詳しくまとめました。

 

スポンサーリンク

 

『バイプレイヤーズ2018』のネタバレあらすじ

第5話最終回

完成予想図

大杉連(大杉漣さん)は助監督を乗せて竜宮城に恩返しに行った夢を見たことを田口トモロヲ(田口トモロヲさん)に話します。

「予知夢かもしれないね。」と笑う田口。

 

明日でしまっこさんの撮影もクランクアップ。

名残惜しいと話す一同。

 

拾ってきたハムスターの世話を楽しそうにする遠藤憲一(遠藤憲一さん)。

松重豊(松重豊さん)は淡々と暮らしていた場所を片付けていきます。

名残惜しく1つ1つ片付ける光石研(光石研さん)。

 

ロケが終わった後のこの場所をメンバーに、

「大杉連記念館にしたら?」

と言われたことを本気にし、

「大杉連記念館完成予想図」

を1人で描いており、その紙を見つけた松重と光石にからかわれます。

 

明日の撮影のリハーサルをする5人。

大杉は人知れず涙するのでした。

 

松重はえなりかずきさんから「『そうだそうだ』しか言っていないですね」ってラインが来たと苦笑い。

 

クランクアップの挨拶の練習をする大杉。

あまりに長いカンペに笑う一同。

 

翌日、つつがなく撮影を終え、光石と遠藤が東京に帰る支度をしていると、家の外に3人の子供が。

遠藤が大事にしているハムスターのハム恵は、実は子供達が飼い主だったことがわかります。

 

譲れない遠藤は、どっちのことが飼い主としてふさわしいかハム恵と試すと、あっさり子供たちについていくハム恵。

 

一足先に大杉を残して帰ることになった光石、遠藤、松重、田口。

ふとテーブルを見ると、大杉連記念館改訂版の絵が置いてあり、笑います。

 

隣に置いてあった大杉のクランクアップのカンペを読み、思い出に浸る一同。

 

 

 

クランクアップ

大杉はみんなが帰った後も島に居続け「foever young」をギターやハーモニカで熱唱したりしつつも、朝ドラのしまっこさんの撮影を手伝っていました。

 

雨のシーンが人手不足で決行出来なくなり、緊張が走る現場。

 

そこに散水車に乗って4人がやってきます。

泣きながらみんなの所に駆け付ける大杉。

現場も大歓迎。

「俺たちの差し入れです。」と言う遠藤。

(テロップ:散水車のレンタルは高い。)

「バイプレイヤーズの恩返しは『してもらったら返す』ですから。」

と言う遠藤。

 

しまっこさんスタッフジャンパーをスタッフに配ります。

 

雨を降らすシーンは5人が担当。

カメラには映りませんが、スタッフはそのシーンをしみじみ見つめます。

 

打ち上げに参加する一同。

司会はジャスミン。

 

みんなで最終回のしまっこのドラマを感動しながら鑑賞します。

そのドラマの中で島おじさんのスピンオフが始まることが発表となり、また撮影が始まることになります。

 

サプライズ発表に驚く4人を盛り立てるスタッフたち。

しかし、大杉だけは外で風呂に入っていたため、聞かされていませんでした。

慌てて大杉に伝えに行く4人。

 

翌日、島おじさんスピンオフの撮影が始まるも、グロッキーな5人。

しかし、撮影が始まるや否や、本気モードになって格好良く海へ歩き出す5人。

 

撮影が終わった後も、島の子供たちが5人が生活していた『島ハウス』で遊び続けていたのでした。

 

『バイプレイヤーズ2018』の感想

第5話最終回

『大杉漣記念館』

30代女性さん

大杉漣記念館ってドラマ内ではギャグですが、現実世界ではギャグには取れません・・・
ここまで来たら完成してほしいなと本気で思ってしまいます。

そしてハム恵にあっさり裏切られた遠藤さん。
恐面顔なのに、誰よりも繊細で、心優しい一面がにじみ出ていましたね。

終始ピエロキャラの田口さん、最年少なのに1番頼りになる松重さん、仏の光石さん、そして最年長なのにいじられキャラで憎めない大杉さん。
誰1人かぶらない強いキャラの5人の調和をもっともっと見ていたかったです。最終回が早すぎます!!

『漣さんありがとう!!!』

30代女性さん

いやー。最後の島おじさんのスピンオフ撮影は、このドラマのオープニングとエンディング撮影につながっていましたね。
今までになかったエンディングのショットもあったりで、ジーンときましたね。竹原さんを見つめる5人の姿も印象的。ああ・・・終わってしまいました。

番組の最後の最後に4人が海に向かって「漣さん、ありがとう!」と叫ぶシーンが本当に泣ける!!全編において、大杉さんの遺作だとわかっていたのかというくらいの仕上がり。
結果的にそうなってしまったことが悔やまれません。

4人が散水車をレンタルして持ってきてくれたところも、裏方部分が見れてマニアにはたまらない展開でした。

ゲストも最後まで豪華!滝藤賢一さん、でんでんさん、渡辺いっけいさん等々。
またバイプレイヤーズが見れると期待したいながらも、大杉さんの存在が大きすぎて・・・でもやっぱりどんな形であれ帰ってきてほしいですね。大杉さんの「foeveryoung」最高でした!!ありがとうございました!

 

まとめ

大杉漣さんの愛らしい様子がとても良く伝わる本作が遺作となって、またその展開もそれを引き立てるかのような内容でした。

いつまでも作品としての数々の大杉漣さんの姿が見られるので、旅立たれてもいつまでも皆さんの心に残る俳優さんにですね。

 

おすすめコンテンツ

>前回までをおさらい『バイプレイヤーズ2018』第4話のネタバレあらすじと感想

>『バイプレイヤーズ2018』の動画見逃し視聴方法とは?

>囚人・遠藤憲一×弁護士・滝沢秀明のヒューマンドラマ『家族の旅路』5話のネタバレあらすじと感想

>2018年映画化!『コードブルー3』おさらい1話2話のネタバレあらすじと感想

>3代目JSBがんちゃん×戸田恵梨香『崖っぷちホテル』放送日やドラマ情報は?

 

スポンサーリンク