コードブルー3

『コードブルー3rdシーズン』1話・2話のあらすじネタバレと感想です。

救命にまたあの5人が!!藍沢(山下智久さん)の存在が空気を乱し白石(新垣結衣さん)と対立…!?

『コードブルー3rdシーズン』1話と2話のあらすじネタバレと感想をくわしくまとめてみました!

 

『コードブルー3』ネタバレあらすじ

第1話

新しいスタート

現在の救急ヘリチームは人手不足。

更に三井(りょうさん)が辞めることに。

 

若手は育たずマイペースなものや、やる気のないフェローたち。

 

藍沢(山下智久さん)は脳外科チームで高度な技術の手術に日々取り組んでいました。

緋山(戸田恵梨香さん)は橘(椎名結平さん)の頼みで本日から助っ人で入ることになっていたのに電話がつながらない状況。

 

すると救急に患者と共にやってくる緋山。

家の上の階が火災になり、巻き込まれたが本人にけがはない様子。

 

脳外科ではトロント大学から1人留学の要請がきていました。

藍沢(山下智久さん)と新海(安藤政信さん)のいずれかを選出するという西条(杉本哲太さん)。

「譲れないな」

と言って笑う新海。

 

救命ではフェローの灰谷(成田凌さん)と横峯(新木優子さん)は役に立たず、

「想像以上にやばいね」

という緋山。

 

名取(有岡大貴さん)は真面目に仕事をしません。

さばききれずに脳外科に応援を頼むことに。

藍沢が入ります。

 

人手が足りずに処置が追い付かない現状に、橘は藍沢に、

「戻ってきてほしい」

といいます。

しかし、藍沢は救命に戻るつもりはないといいます。

 

「三井先生に頭を下げられたら断れない」

という緋山に、

「三井先生に辞められちゃうのきついな」

という藤川(浅利陽介さん)。

「聞いてない」と怒る緋山は、藤川と白石(新垣結衣さん)を問い詰めるもはぐらかします。

 

火災保険の関係上、病院から40分のホテルしか手配できないと保険会社から言われキレる緋山。

病院まで車で5分のところのマンションに住む白石に泊めるようにいいます。

 

「藍沢を戻そうよ。あんたスタッフリーダーでしょ。藍沢に戻れっていってきて」

という緋山。

 

藍沢に、

「救命から頼まれたら絶対行くよな。余裕だな。おれがトロント大に選ばれたときに、救命にお前がいってたから俺が選ばれたって思われたくないんだよな」

という新海。

「自信家だな。お前は」

という藍沢。

 

白石が緋山に言われしぶしぶ藍沢に言いに行こうとすると、エレベーター内に藍沢が。

「びっくりしたでしょ。橘先生ったら急にあんなこと言うから。大丈夫よ。」

と終始気を使う白石。

 

しかし午後も患者が運ばれ藍沢を呼びます。

藍沢はフェローの様子を見ます。

確実に使えない様子に気づき、白石の助けに入ります。

 

術後に藍沢にトロント大から話が来ていることを伝えられる白石は、

「頑張って」

と藍沢にいいます。

 

指揮

三井に緋山はなぜやめるのか聞きますが、謝罪するだけで答えない三井。

そこにヘリ要請がきます。

久々にヘリに乗る緋山。

 

現場はお祭りの神輿の横転による事故で多数の負傷者が出ていました。

混乱し、15名どころの負傷者ではすまない状況。

 

あとからピストン輸送でフェロー3人と藤川を送ります。

 

横峯は現場で足がすくみます。

藤川に深呼吸するよう言われ、ワンブロック先のスーパーにいる軽傷者を見るように言われます。

 

向かう途中に救急隊員に呼び止められ家の中に向かうと、だしと家の間に挟まって血を流している子供を発見します。

白石にその旨伝えると、

「1人で残してきたの?なんのためにサーバー持ってるの?!」

と怒る白石。

スーパーの軽傷者の中にも意識レベルが急に低下する患者が。

 

人手不足で手が回らないと判断した白石は、最後の最後の秘策で藍沢に電話します。

 

白石が説明しようとする中、

「もういい。わかった。現場に行く」

といいます。

 

緋山に必要な道具を追加で渡す藍沢は、白石のところに向かいます。

藍沢は白石に、

「お前は指揮官になれ。行け。」

といいます。

 

白石は次々に指示を出します。

 

藍沢が見ていた少年は無事にヘリで搬送されます。

 

父親みたいに

夜になって父が来て息子の姿にショックを受けます。

「一緒にいれなくてごめんな。仕事なんて行かなきゃよかった。一緒に祭りに行ってやればよかった。約束してたのに。急に仕事が入って。口では息子は平気だって言ってたけどさびしい思いをしてたんだろうな」

と泣く父親。

 

「そんなことはないんじゃないですか。」

といって藍沢が手渡した七夕の短冊には、

「父親みたいな駅長さんになりたい」と書いてありました。

 

緋山は橘先生に渡してほしいといって渡された小児科からのカルテを偶然見てしまい、そこには橘と三井の子供が拡張がんと心筋症だということがわかってしまいました。

そして移植しか方法がなく、11歳という年では極めて難しい状況でした。

三井は残された時間のために医者を休むことにしたのでした。

 

緋山に謝る三井。

緋山は謝らないでくださいと三井に言います。

 

藍沢がオペをした少年も目を覚ましました。

藍沢は、

「1人でやろうとするな。お前の決めたことならみんなやるさ。こきつかえよ。9年だ。ここにきて。9年たってお前はここの中心になった。俺は今は脳外科が刺激があっておもしろい。でもそれだけでいいのかと思う。」

という藍沢。

 

白石は、

「どこにいたってあなたは命から逃げない。どこにいてもいいと思う。」

という白石。

 

白石は緋山に、

「家に来てもいいよ。でもここでも家でも私のいうことに従ってもらうから」

といいます。

 

そして藤川は現在、冴島(比嘉愛未さん)と同棲していました。

そして冴島の妊娠が判明します。

喜ぶ藤川。

 

そして新しく救急に藍沢が加わることになりました。

「何故究明に戻ったの?」

白石が藍沢に聞くと、

「トロント大には俺は行くよ。症例を増やしてアピールできる。救命の患者は1人占めだ。それに救命にお前がいる。お前は面白い」

という藍沢。

白石は意味がわからないでいたのでした。

 

第2話

何歳でも

クールで天才な腕を持つ藍沢の欠点は他人にも厳しく指導者には向いていない点…白石の悩みはつきない…

フェローに厳しい藍沢(山下智久さん)に白石(新垣結衣さん)は藍沢にもう少し柔らかくフェローに指導するように言い、ため息。

 

白石は灰谷(成田凌)の指導にあたり、藍沢は横峯(新木優子さん)の指導にあたりますが、厳しい言葉に横峯は弱音を。

 

緋山(戸田恵梨香さん)の患者は17歳で妊娠し反対する父親からのびんたが。

 

冴島(比嘉愛未さん)の部下の雪村(馬場ふみかさん)は藍沢に気の強さを見せますがかわされます。

 

緋山の17歳の患者の父親は終始怒っており、フェローの名取(有岡大貴さん)はいがみ合っている家族に免疫がなく、説明義務を緋山に依頼しひとごとです。

 

昼食時に白石と緋山は17歳の妊娠について話します。

冴島の妊娠の話をする藤川に後ろにいた藍沢は2人が付き合っていることすら知らず驚きます。

 

小児科病棟にいる三井(りょうさん)、橘(椎名桔平さん)、そして入院中の息子・優輔。

 

冴島に白石と緋山は現場は危険だと言いますが、うんざりした表情の冴島。

 

人形でオペの練習をする横峯に意識のない患者のところに連れていく藍沢ですが横峯は泣き出します。

ヘリ要請が入ります。

横峯、藍沢がむかった現場は患者が3人。

 

すべて横峯でやるようにと藍沢はフォローにまわることに。

頭が真っ白になる横峯ですが、冷静に自分を落ち着け指示をします。

その様子を見て微笑む冴島。

 

重症な娘をヘリで運び、母親は救急車で運ぶことになりますが、その最中に母親が急変し救急車内で藍沢がオペを。

横峯の患者もヘリ内で急変。

 

電話で藍沢に助けを求めますが突き放され、白石の指示を仰ぎ執刀。

処置が無事完了します。

 

一方で17歳の少女と父親は緋山の前でぶつかり合い。

男手一つで必死に子育てをした自分の経験を振り返ります。

「後悔しているの?」と聞く娘に、ずっと幸せだったという父親。

「私、やっぱり生みたい」という娘。

「何歳だったらいいんでしょうね。30歳、40歳の大人でも育てられない人もいます。でも娘さんは迷ってなかった。必死に自分を育ててくれたお父さんを見てきたんだと思います。」という緋山の言葉。

 

きれいだった横峯の靴はいつのまにか泥まみれに。

 

点滴をしにきた脳外科の高校生の患者がきますがあしらう藍沢。

そこに新海(安藤政信さん)が来て2人の間に入ります。

 

少女が飲み物を買いに行っている間に

「何センチだった」

「3.5cmだ」

と答える新海。

その少女は雑誌に取り上げられるほどの新星ピアニストで、脳腫瘍の患者だったのです。

 

『コードブルー3』感想

第1話・第2話

いや~コードブルーがついにシーズン3。楽しみにしていました!!
成長しましたね!!すっかり先生になりましたね!!そして年を感じさせないメインメンバーたち。どことなく渋さがあいまって、大人の魅力すら感じます。

しかし、フェローたちがひどいですね。藍沢たちは優秀だったんですね。彼らの成長も楽しみです。
そして藍沢は脳外科でトロント大に行く切符をかけて新海という新メンバーと争っていました。でも救命の助っ人には必ず入る。クールそうにみえて情に熱いのはあいかわらず。

そして緋山も周産期管理にいるんですね。三井先生も産婦人科だったしその道に進んだんですね。
白石と藤川も見違えるほど落ち着いています。さらに藤川はずっと好きだった冴島とくっついています!!よかったね!!藤川君。

黒田先生に救命はあきらめろと言われた彼が森本先生(勝村政信さん)のように素晴らしい先生になっていました。感動です。

 

本当に第1話から見ていいる視聴者からしたら感動でした。
藍沢、戻って来てくれましたね。少年も助かって、父親が少年の痛々しい姿を見たとき、もう心が辛かったです。思わず泣いてしまいました。

そして1話の最後。さらりと白石を意識した発言??今までになかった展開。
恋バナ担当は藤川と冴島だけだったのに(笑)藍沢と白石はやっぱり恋に展開するのでしょうか。今まで7年間、何やっていたのでしょうか(笑)

さすが今回の脚本家は第1、第2シーズンの脚本家ではなく、恋バナで手腕をふるってきた方だとか。私は2人がくっつくのは賛成派。本当に色々あった2人。恋とかそういう云々以上の絆がこの2人にはあります。

黒田先生の手を切断するという試練も乗り越え、たくさんのことを支えあって、励ましあって、フォローしあってきた同期同士です。逆に違う人とくっついてほしくないなというのも個人的な意見。

さらに妊娠おめでたい!!冴島も色々ありましたからね。ほんとうに良かった。橘先生と三井先生も元鞘に戻ったんですね。お子さんの問題はきっとメインになる回があるでしょう。助かってほしい。本当にそう思います。

早くも次回が楽しみ!!

 

まとめ

今回は『コードブルー3』の第1話・第2話のネタバレあらすじをまとめました。

シーズン1・シーズン2を知らない方も入りやすい作品ですね。

 

おすすめコンテンツ

>『コードブルー3』3話・4話のネタバレあらすじ感想はこちら

>いつ見てもなごむ!大杉漣率いるこのメンバー『バイプレイヤーズ2018』4話のネタバレあらすじ

>囚人・遠藤憲一と弁護士・滝沢秀明のヒューマン物語『家族の旅路』4話のネタバレあらすじ

>山田涼介のコメディ!?『もみ消して冬』第7話のネタバレあらすじ

>3代目JSBがんちゃん×戸田恵梨香『崖っぷちホテル』放送日やドラマ情報は?

>坂口健太郎が初主演・刑事役!?『シグナル』の放送日程・ドラマ情報

 

スポンサーリンク