『BG身辺警護人』ネタバレ5話のあらすじと感想をまとめました。

今回は章(木村拓哉さん)の過去と関わっている元プロサッカー選手(満島真之介さん)を護れるのか、そして6年前一体何が…!?

こちら『BG身辺警護人』ネタバレ5話のあらすじ感想で詳しくご覧くださいね。

 

スポンサーリンク

 

『BG身辺警護人』ネタバレあらすじ

第5話

島崎の因縁の相手・河野の警護

6年前、空港でサッカー選手の河野(満島真之介さん)を警護しているときに、天井の柱が落下。

近くにいた子供をかばった島崎(木村拓哉さん)。

しかし、河野は柱の下敷きに。

6年たった今でも河野の夢を見るのでした。

 

元妻・仁美からメールが。

「瞬はこちらで育てたいと思っています。1度瞬に話してみてほしい。小田切仁美」

という内容が。

 

仁美は既に小田切という男性と再婚していたのでした。

 

TVでは立原大臣(石田ゆり子さん)の出産一時金の増額の法案が可決され、話題に。

 

村田(上川隆也さん)班に新しい依頼が入ります。

それは河野純也が代表を務めるサッカーチャリティーのボランティア団体からのBG依頼
でした。

因縁があるだけに、動揺する島崎。

島崎の過去を知る高梨(斎藤工さん)は島崎をBGに押します。

島崎は沢口(間宮祥太朗さん)を押し、沢口はやる気満々。

 

一方、立原大臣に逃げられたことで上層部から叱責を受けた落合(江口洋介さん)の上司・氷川(宇梶剛士さん)は落合を立原大臣の専任に指名します。

立原は落合が自分の選任になったことで、警備が強化されたことを悟ります。

 

落合は、

「民間の警備会社との接触は控えてください。」

と立原に忠告します。

 

サッカーチャリティーの代表である河野純也のいるホテルに向かう村田、高梨、沢口。沢口は現役時にファンだったこともあり、大興奮。

河野は自分のBGに島崎を指名します。

 

会社に戻ってそのことを伝えると、島崎は動揺が隠せません。

「知り合いなんですって?あんなスター選手と?」

と聞く沢口。

「何か事情がありそうですね。誰にだって過去の色々な因縁があります。私にだってある。気が進まないなら構わない。この任務は断りましょう。」

と言う村田。

「いえ。黙っていてすいません。自分は6年前まで河野選手のBGでした。新人というのは嘘です。」

と正直に打ち明ける島崎に驚く一同。

 

「おかしいなと思ってた。新人っていう割に強いし。」

と言う沢口。

「もしかして知ってたの。」

とまゆ(菜々緒さん)は高梨を問い詰めます。

「気づいてはいた。」

と返答する高梨に、

「知ってて言わないのも同罪だから!。」

と怒ります。

 

1人1人に謝罪する島崎。

「任務がすべて終了したらみんなにすべてを話します。」

と言う島崎にみんなは承諾します。

 

警護前日の夜、河野はホテルの部屋で何かの証拠の隠滅を図るため、領収証を燃やし、USBキーを水に沈めていました。

PCも初期化します。

 

警護当日、高梨は、

「今まで騙していた分、やるなら本気を見せて下さい。」

と島崎に言います。

 

久々に河野と再会する島崎。

顔がこわばります。

 

フレンドリーに島崎に話かける河野。

 

今回はミラノで行われるチャリティーオークションに持って行く有名選手のサイン入りアイテムの数々の警護に当たる島崎と高梨。

「ちゃんと出発まで見送ってよ。今度こそ。」

と嫌味を言う河野。

「最後までお守りします。」

と言う島崎。

 

警護課では、

「何で今まで黙ってたんだろう。何があったのかな。」

と言うまゆ。

「言わなかったのは、本人が言いたくなかったからだし。」

とまともに答える沢口に感心するまゆ。

 

しかし、河野の情報を検索していると、明後日の等々力で開催されるサッカーイベントに参加することになっていることがわかります。

ミラノには2週間行くことになったいると聞いていた村田チームは情報が違っていることに動揺します。

 

河野の警護中に立原大臣一同が偶然通りかかります。

河野は島崎に気づくも、河野に話しかけますが、足早に話を切り上げる河野。

「河野純也。あの噂は本当なのかしら。海外に逃げるんですかね。」

と言う立原に落合が驚きます。

「先生、何かご存知なのですか。」

と聞く落合。

「知らないふりをしているだけで、知っていることがたくさんあるんですよ。政治家は。」

と言って笑う立原。

 

高梨と島崎は村田達から明後日のイベントの件を伝えられます。河野に問いただす高梨。

「そのイベントは断ろうと思っています。帰国もいつにするか実は決まっていません。現役時代にイタリアに永久ビザとったし。僕のすべてが嘘なんです。今までチャリティで集めたお金はほとんど寄付されずに、僕を資金源にしているパトロンに流れています。ばれる前にミラノに逃げるために今警護してもらっています。」

と言う河野に、

「逃げる手伝いは出来ません。」

と断る高梨。

「偉そうなんだよ。お前。ざっきーは断れないよね。命令だ。車を出せ。」

と命令する河野。

「車を出してはダメです。」

と言う高梨ですが、島崎は車を出します。

 

そのことを高梨は急いで村田に報告します。

「多分、島崎君は河野さんを止める為に同行したのでは?我々が止めても河野さんは空港に行くでしょう。島崎君に何か考えがあるのかもしれない。」

と言う村田。

 

落合の元に清田(阿部進之助さん)がやって来て、捜索している河野が空港に向かっており、今もなお日の出警備保障が河野のBGをしていることを伝えます。

「河野が海外に行った方がいいじゃないですか。日の出保証は犯人隠避の罪に問われる。
そのほうがいいかもしれません。」

と言う清田に、

「そんな小細工はしないよ。潰すなら真正面からだ。」

と答える落合。

 

 

今度は離れない

河野を空港まで送るも、車から降りない2人。

「それでもBGかよ。」

と言い捨て、空港に歩いていく河野。

島崎はその姿を見つめます。

「いいんですか。ざっきーさん。」

と嫌味を言う高梨。

 

島崎は河野の前に立ちはだかります。

「あなたはスターでした。今でもスターです。人に夢を与えてきた人間は、裏切らない生き方をして欲しい。」

と言う島崎に

「1度ならず2度までも俺の海外出発の邪魔する気?」

と笑う河野。

 

そこに村田、まゆ、沢口が合流します。

 

空港内は警察が多数警備に当たり始め、村田達は一旦河野をかくまいます。

「既に逮捕状が出ているということは?」

と聞く村田に、

「そんなはずはない。証拠はすべて消したんだ。」

と動揺する河野。

「ミラノ行きの搭乗口にも捜査員が来てます。」

と報告しに来る沢口。

「元サッカー選手の転落。子供たちを食い物に?そんな見出しが出そうだな。誰のせいでこうなったと思ってる。忘れたのか!!」

と河野は島崎に当たります。

 

6年前の事故を回想する島崎。

河野は落下物の下敷きになり、足を負傷したのでした。

事故のあと、入院先で、

「死んだ方が良かったな。」

とつぶやいた河野。

 

河野は、

「お前のせいで、怪我して海外行きもなくなった。お前はのうのうと生きてきたんだう?」

と島崎を罵る河野。

村田は、

「島崎は事件以降、BGの仕事をしていません。路上警備の仕事をずっとしていました。あなたのことも一切話したことはありません。」

とフォローします。

「検挙される前に出頭して下さい。我々が送ります。あの時、そばを離れたのはBG失格です。」

と言う島崎。

 

まゆや高梨、沢口は、

「目の前で人が死にそうになってたのに、クライアントを守るんですか?!」

と反論します。

「当たり前だ。そうでなきゃ金なんて払って誰が雇うんだよ。」

と言い捨てる河野。

「あの時のぼくのクライアントは純也さんだったんだ。」

という島崎。

「警察行ってやるよ。けじめをつけないと。でも、ザッキーだけに付き合ってほしい。」

と言う河野。

「今度は離れない。そうお約束しました。」

と言う島崎。

 

そのころ、立原は落合に、

「河野純也にはかなり危ない人がバックについているんです。私にも献金の申し出があったんです。少しは落合さんの役に立ちましたか。だから島崎さん達のことは大目に見てあげて。」

と言います。

「どうして。民間の間違いを指摘するのは我々の仕事です。」

と言う落合に、

「個人的に嫌っているように見えます。いえ、嫉妬?まさか、いちBGに嫉妬するわけありませんね。優秀なSPが。」

と笑う立原。

 

河野は、自分をバックアップしてくれているという人物の事務所に島崎と向かいます。

「俺が出頭したら世話になった人達に迷惑がかかる。せめて挨拶に行かないと。」

と言う河野。

 

しかし、ホテルで河野の部屋を張っていた沢口は、ホテルから山のように証拠の荷物を運び出している姿を目撃し、裏で何かあると村田に報告します。

「30分以内に出て来て下さい。連絡がない場合、通報します。」

と言う村田。

 

河野と島崎は事務所に入っていきます。

河野はボスに謝ります。

「ミラノ行き、せっかく手配してくれたにすいませんでした。」

という河野。

「用心棒が欲しいと言ってくれれば、私が手配してくれたのに。」

と笑うボス。

「こいつ、用心棒の分際で説教する。警察いけって。笑っちゃいますよね。出頭?するわけないじゃん。俺が改心したと思った?おれ、こいつ許せないんで。」

と言う河野。

 

島崎はボスの手下の3人に暴行されます。

 

神様

落合から村田に連絡が入り、もし河野の居場所を知っているなら教えるように言われます。

今はほかの警護中だからとはぐらかして電話を切る村田。

「高梨君も信じてるか、今まで何も言わずに組んできたんだろう。僕もそうだよ。」

と笑う村田。

 

河野は暴行される島崎を見て笑います。

「もうヒーローにもスターにも戻れない。どうでもいい。最後に何か言いたいことある?」

と言う河野に、

「私を首にして下さい。」

と言う島崎。

「お前なんてとっくに首だ。」

と笑う河野。

 

島崎はその言葉を聞いて、3人をあっさり倒します。

 

河野を殴る島崎。

見えないように島崎は河野に、

「騙されてます。河野さん。」

と言います。

「あいつらが俺をだました?」

と聞く河野。

 

村田は、

「あいつらは出国したあなたに、すべてをなすりつけようと、あなたが隠滅した証拠を、あなたのホテルに再度運び込んだんです。ホテルで奴らを見かけました。」

と説明する島崎。

 

ボスをにらみつけて、急いで事務所を出て、島崎と河野を車に乗せて走りだす村田達。

 

休憩のため下りた道で、

「落ちたスターなんて生きる価値ないよ。」

と走って逃走する河野。

 

島崎が追い付いた先では、少年たちがサッカーをしている姿を見つめながら、近くのベンチで涙を流していました。

「俺に追いつけたなんて思うなよ。」

と言う河野に、

「今度は離れないって言ったはずです。」

と答える島崎。

「さっき殴ったとき、俺にムカついてマジで殴っただろう。久々痛かった。息子さんにサインボールあげたよな。」

という河野に、

「今でも大事に持ってます。でも試合になると緊張してしまってレギュラーになれないって言ってました。」

と言う島崎に、

「1度目をつぶってボールをけってみるといいよ。自分が何も出来ないってわかると肩の力抜けるから。」

とアドバイスをします。

 

そこに警察が河野を逮捕しにやってきます。

同行を求める警察たちの背後でサッカー少年たちが、

「あれって河野純也だよな。」

と興奮してサインを求めに来ます。

 

少年のペンを河野に渡す島崎。

受け取る河野。

快くサインをし、

「練習頑張れよ。」

と少年たちを励ます河野。

「あの事故でけがをしたから俺はダメになったんじゃない。本当は海外で活躍出来ないかもしれないと思ったら怖くて引退したんだ。自分に勝てなかった。だから俺の元を離れて子供を助けに行ったのは、間違いじゃない。最後まで送ってくれてありがとうな。じゃあな。ざっきー。」

と言って警察の車に乗り込む河野。

涙を流す島崎。

 

村田達が島崎に近づきます。

「ズタボロじゃないですか。」

と島崎に声をかける高梨。

「俺もざっきーって呼んでいいですか。」

と言う沢口に笑いながら断る島崎。

 

会社から帰る途中に立原からから島崎に電話がかかってきます。

「ホテルでお会いした時に声をかけなかったのは、落合さんに禁止されているからなの。でもそう言われると、お話したくなるものですね。政治家って相手を驚かせて思うようにするの。」

と言って電話を切る立原。

 

落合にバーに呼び出される村田。

落合は水を飲んでいました。

「相変わらずSPは勤務外でも酒禁止か。」

と言って村田は酒を頼みます。

 

「村さん。今回は大目に見ます。次はない。」

と釘をさす落合に、

「最後通告か。怖いね。」

と苦笑いする村田。

「すっかり民間になじんでいるようですね。」

と言う落合に、

「今の部下が面白いやつらでね。あいつらのためならとことん戦ってやろうと思えるよ。」

と笑う村田。

「宣戦布告ですか。」と

言う落合に、

「滅相もないよ。」と笑う村田。

 

島崎が家に帰ると、瞬に、

「目をつぶってボールをける練習するといいらしい。」

とアドバイスします。

「バカじゃないの。誰がそんなこと言ってたんだよ。」

と言う瞬に、

「神様。」

と答える島崎。

 

すると、島崎宛に元妻・仁美からとある人物の警護の依頼が届くのでした。

 

『BG身辺警護人』の感想

第5話

『因縁の相手!』

30代女性さん

島崎と河野の因縁が明らかに。子供を助けた結果、河野にけがを負わせてしまった島崎。それがずっと因縁になっていたのですね。

更にそのことで島崎を憎んでいる河野。河野はそこに付け込んで、島崎に逃亡の手助けをするよう若干脅迫まがいのことを言い出します。

またしても事件に巻き込まれてしまう村田班。そして意外なことに、元妻が今後、姿を現すようですね。

誰が天下のキムタクの妻役を演じるのかここにも注目が集まりそうです。

『高梨の意外な一面』

30代女性さん

河野・・・暗黒期ですね。かつて神と呼ばれたスーパースターは今、落ちるところまで落ちています。河野を救い出すことはできるのか。

そして、村田や高梨も島崎を信用している描写が。

高梨も実は島崎が嫌いではなかったようですね。意外にまゆにまくしたてられると弱い一面も。

行く先々で立原大臣と接触がある島崎。これは恋・・・の予感?大臣とBGなんて、だいぶな萌え展開ですが(笑)大臣はまんざらではない様子ですね。でも、相手がキムタクなら仕様がないか(笑)なんて思ってしまいます。

『立原大臣が!元妻も気になる!』

30代男性さん

最後の河野の言葉にやっと救われた島崎。辛かったですよね。自分の判断ミスでスーパースターの現役生命を途絶えさせてしまったわけですから。

でも、これで肩の荷がおりたはずな島崎。でも落合がもっと嫉妬してしまうような出来事が。なんと立原大臣が島崎の個人電話にかけてくるという荒業に!!しかも、特に目的はなく、なんなら島崎のことが少し気になっている様子。美人でクレバーな大臣に島崎はどうするつもりなのか。

そして来週は島崎の元妻・仁美と小田切という再婚相手が登場するかもしれません。こちらも楽しみですね!!

 

まとめ

今回は『BG身辺警護人』第6話のネタバレあらすじと感想をまとめました。

ストーリーを知りたいときやおさらいしたいときの参考にしてくださいね。

 

おすすめコンテンツ

>『BG身辺警護人』第4話のネタバレあらすじと感想はこちら

>『もみ消して冬』第5話のネタバレあらすじと感想はこちら

>さすがの演技力!?貫地谷しほり×本郷奏多『リピート』6話の動画無料視聴は?

>弁護士・滝沢秀明×死刑囚・遠藤憲一『家族の旅路』3話の動画見逃し視聴方法とは

 

スポンサーリンク